世界のナノ酸化亜鉛 市場

分析と2030年の見通し
  • 製品コード:
    RP-ID-10352245
  • 発行日:
    27 Dec 2023
  • カテゴリー:
    Chemicals
  • 出版社:
    Pub-ID-54

市場の成長に対する影響分析

ビジネスを悩ませるインフレと迫りくる不況:

2022 年と 2023 年には、市場関係者は荒波に遭遇すると予想していました。為替換算の大きな差とそれに伴う収益の縮小、利益率の縮小、物流やサプライチェーンに対するコスト圧力により、損失が発生する可能性があります。さらに、米国経済は 2022 年に 3% の成長にとどまると予想されています。

..

..

調査レポートは、2022 年の基準年、2023 年の推定年、および市場洞察を含む 2035 年までの予測で更新されます。


世界生産の落ち込みに伴い、2020 年の GDP は縮小し、世界中の市場に影響を与えました。サンプル リクエストを送信すると、2022 年を基準年、2023 年を推定年とし、2035 年までの予測を含む最新のレポートが届きます。これには、市場推進力、市場の回収率、洞察、競合分析が含まれます。



市場概況:

世界のナノ酸化亜鉛市場は、2022年に80億米ドルに達すると推定されており、2022年から2030年の予測期間中に21%のCAGRが見込まれます。ナノ酸化亜鉛は、粉末または散乱体として入手可能な特定のナノ材料です。別名、オキシデータム、ジンクオキシクム、ロングラスティングホワイト、ケトジンク、またはオキソジンクとも呼ばれます。それは、細菌に対する敵対性、破壊的性質、寄生虫に対する敵対性、反応物質に対する敵対性、および UV 分離特性などの新しい物理化学的性質を示します。これらは主に、塗料やコーティング、美容製品、家庭用品、食品接触材料、医療用包帯、材料、器具などに利用されています。このレポートは、現在の市場パターンと、さまざまなアプリケーションビジネスにおけるナノ酸化亜鉛の将来の開発の可能性を中心にしています。また、さまざまな地質におけるナノ酸化亜鉛の使用度を分析し、非公式の法律やアプローチを分析することで将来の開発の可能性を提案し、その後、その分野での顧客の認知をさらに拡大します。このレポートに記載されている数値は、国レベルでの材料および用途の種類にわたる関心や利用量によって異なります。さらに、詳細な観点を行い、価値のドリフトを考慮することにより、市場の評価と取引高が決定されました。

研究開発のための投機流入の拡大、さまざまな応用企業におけるナノ酸化亜鉛の浸透の開発、およびその驚くべき物理化学的特性により、さまざまな応用分野での受け入れが促進されています。ナノ酸化亜鉛が少量含まれており、仕上がりの展示に効果を発揮します。いずれにせよ、ナノ亜鉛の利用に関連した有毒性の懸念がより焦点を当てており、市場の発展を妨げています。現在、塗料およびコーティングおよび美容製品は、ナノ酸化亜鉛市場の重要な応用分野です。同様に、ナノ酸化亜鉛への関心は、さまざまな分野での利用範囲を拡大する優れた物理化学的特性により、世界中で大きな発展を遂げています。

ナノ酸化亜鉛は原子レベルで制御された構造です。新しい年には、論理ネットワークおよび設計ネットワーク向けに設計されたナノ酸化亜鉛アプリケーションを作成するための研究と進歩の演習が、政府の思惑と業界の連携した取り組みによって推進されています。現在、ナノ酸化亜鉛への関心は、急速な機械的変化とさまざまな応用ベンチャーからの人気の高まりにより、特にアジア太平洋地域とヨーロッパ地域で大きな発展を遂げています。地質の観点から、市場は北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、LAMEAに分けられます。

ナノ酸化亜鉛は、恐ろしい条件下での危険な紫外線放射から長期間の保証を提供します。基材の中でも、基材とそのコーティングの長距離施工では UV 保証が基本です。コーティングの展示は、UV 保護剤の量と種類によって影響を受けます。ナノ酸化亜鉛は、さまざまな日焼け止め用途で UV ブロッカーとして利用されています。おそらく日焼け止めアイテムで最も一般的に使用されている固定具です。表面レベルのアイテムに使用するために、20 ~ 60 nm のサイズ範囲で作成されます。原則として、表面の製品に使用する前に、シリコンまたは酸化アルミニウムでカバーされます。

アジア太平洋地域のレビュー:

アジア太平洋地域は、世界のナノ酸化亜鉛市場で最も急速に発展している地域です。新規参加者は、特に中国、インド、ASEAN などの発展途上のビジネス分野で自分たちの本質を成長させることに焦点を当てています。 2020年、アジア太平洋地域は世界のナノ酸化亜鉛市場で最大の地域となり、全体の関心の30%以上を占めた。

中国、インド、ASEAN などの国々の裁量によるキャッシュフローの拡大は、塗料やコーティング、美容製品、個人への配慮などの企業の発展を支えています。これらのビジネスへの関心の拡大とともに急速な工業化が市場の発展を活性化しました。中国は、ナノ酸化亜鉛ベースの製品への関心と商業化に関しては、世界の主要国の一つです。 Progressed Nano Technologies Limited、Hakusuitetech Co., Ltd.、Nanophase Technology Corporation、Sakai Chemical、昭和電工、Weifang Longda Zinc Industry, Co., Ltd.は、アジア太平洋ナノ酸化亜鉛市場の重要な部分の一部です。このレポートで紹介されている重要な参加者には、Advanced Nano Technologies Limited、BYK、Elementis Specialtys、Grillo Zinkaxis GmbH、Hakusuite Tech Co. Ltd.が含まれます。 Nanophase Technology Corporation、堺化学工業、昭和電工、ユミコア、濰坊龍達亜鉛工業有限公司

バリューチェーンのさまざまな部分には、American Elements、Nano Labs、US Research Nanomaterials, Inc.、Sigma-Aldrich Co. LLC、Micronisers Pty Ltd.などが組み込まれています。

ナノ酸化亜鉛市場にとっての主な利点:
ドアマンの 5 つの力の検査は、購入者と提供者の能力とビジネスの深刻な状況を分析して手順を構築するのに役立ちます。 2022 年から 2030 年までの市場の最新状況と将来の状況を図示し、主要なチャンスと潜在的なベンチャーポケットを理解します。

あらゆる地域の重要な国々は、世界市場/地域市場に対する個々の収入のコミットメントによって計画されています。調査では、主要な推進要因、制限、開放、およびそれらの明確な効果の検証について説明されています。中心メンバーのプロフィールとその主要な進歩がレポートに登録されます。

ナノ酸化亜鉛市場の主要セグメント:

世界のナノ酸化亜鉛市場は以下のように分類されます。

用途別

塗料とコーティング

ビューティーケア製品

その他


地理分析:


レポートでは、以下の地域における市場機会、年平均成長率(CAGR)成長率、競争、新技術革新、市場プレーヤー分析、政府ガイドライン、輸出入(EXIM)分析、過去の収益、将来予測などについてさらに説明しています。および/または国:

  • 北米 (米国およびカナダ) 市場規模、Y-O-Y成長、市場プレーヤー分析および(米国およびカナダ)機会の見通し
  • ラテンアメリカ (ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ) 市場規模、前年同期比成長率および市場プレーヤーの分析と分析機会の見通し
  • ヨーロッパ (イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、NORDIC(フィンランド、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク)、アイルランド、スイス、オーストリア、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)市場規模、前年比成長市場プレーヤー分析
  • アジア太平洋地域 (中国、インド、日本、韓国、シンガポール、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋地域) 市場規模、前年同期比成長率および成長率市場プレーヤーの分析と分析機会の見通し
  • 中東とアフリカ  イスラエル、GCC(サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)市場規模、Y-O-Y成長市場プレーヤーの分析と分析。機会の見通し

.

Please enter your personal details below
*
I want to buy this report
I am willing to know the scope of research
I have customized query over this report
Please enter your personal details below
*
I want to buy this report
I am willing to know the scope of research
I have customized query over this report

関連レポート

-->