アプリケーション別の加硫繊維 市場

セグメンテーション(エレクトロニクス、家具、自動車、その他)。およびタイプ別 (電気、体幹および骨繊維、商用、その他) - 2031 年の世界需要分析と機会見通し
  • 製品コード:
    RP-ID-10085608
  • 発行日:
    27 Dec 2023
  • カテゴリー:
    Chemicals
  • 出版社:
    Pub-ID-54

市場の成長に対する影響分析

ビジネスを悩ませるインフレと迫りくる不況:

2022 年と 2023 年には、市場関係者は荒波に遭遇すると予想していました。為替換算の大きな差とそれに伴う収益の縮小、利益率の縮小、物流やサプライチェーンに対するコスト圧力により、損失が発生する可能性があります。さらに、米国経済は 2022 年に 3% の成長にとどまると予想されています。

..

..

調査レポートは、2022 年の基準年、2023 年の推定年、および市場洞察を含む 2035 年までの予測で更新されます。


世界生産の落ち込みに伴い、2020 年の GDP は縮小し、世界中の市場に影響を与えました。サンプル リクエストを送信すると、2022 年を基準年、2023 年を推定年とし、2035 年までの予測を含む最新のレポートが届きます。これには、市場推進力、市場の回収率、洞察、競合分析が含まれます。



市場概況:

2022~2031年の世界の加硫繊維市場のハイライト

世界の加硫繊維市場は、予測期間、つまり 2022 年から 2031 年にかけて約 6% の CAGR で成長すると推定されています。さらに、市場は 2021 年に顕著な収益を記録しました。市場の成長は、柔軟性、高耐久性、適応性、軽量性などのバルカナイズドファイバー。また、自動車分野も成長しており、自動車の製造過程でバルカナイズドファイバーが使用されています。国際エネルギー機関(IEA)の統計によると、世界の自動車販売台数は2005年の1,500万台から2020年には4,100万台に増加しました。さらに、環境に優しいバルカナイズドファイバーを電化製品に応用する政府の支援もありました。自然。

世界の加硫繊維市場の産業分析と範囲

このレポートのサンプル コピーを入手する

世界の加硫繊維市場は、用途によってエレクトロニクス、家具、自動車などに分割されています。このうち、自動車セグメントは、予測期間を通じて世界の加硫繊維市場で最大のシェアを保持すると予想されます。これは、消費者による自動車需要の増加と、年間の自動車生産台数の急増に起因すると考えられます。さらに、バルカナイズドファイバーは軽量車の製造にも使用でき、自動車分野の成長を牽引することが期待されています。

世界の加硫繊維市場の地域概要

地域的には、世界の加硫繊維市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東およびアフリカ地域を含む5つの主要地域に分割されています。アジア太平洋地域の市場は、自動車分野への海外直接投資の増加を背景に、予測期間中に緩やかな成長を遂げると推定されていますさらに、インド・ブランド・エクイティ財団によると、インドは2000年4月から2021年9月までに累計約307億8,000万米ドルの株式FDI流入を記録した。さらに、インド政府は自動車セクターに海外投資で80億〜100億米ドルを呼び込むと予想している。さらに、世界中で中国および日本車に対する顧客の需要が急増しており、これもこの地域の市場の成長を促進すると予測されています。

市場セグメンテーション

世界の加硫繊維市場に関する当社の詳細な分析には、次のセグメントが含まれます。

用途別

  • エレクトロニクス

  • 家具

  • 自動車

  • その他

タイプ別

  • 電気

  • 体幹と骨の繊維

  • コマーシャル

  • その他

世界の加硫繊維市場の成長に影響を与える成長ドライバーと課題

成長の原動力

  • 環境に優しいバルカナイズドファイバーの性質

  • 自動車分野の成長

課題

  • バルカナイズドファイバーのコストが高い

  • 低コストの代替品の入手可能性

世界の加硫繊維市場を支配する主要企業

当社のレポートでは、企業概要、事業戦略、主要製品の提供、財務実績、主要業績評価指標、リスク分析、最近の動向、地域でのプレゼンス、および競争上の地位を示すその他の注目すべき指標の中で SWOT 分析を含む詳細な企業プロファイリングを取り上げています。当社のレポートに含まれる世界の加硫繊維市場における著名な業界リーダーには、Lamitex SpA、Emco Industrial Plastics, LLC、Thrust Industries、Dynos GmbH、Franklin Fiber Corporation、Jindal Stainless Limited、RH Nuttall、ESPE Manufacturing Co.、 (株)オーライナーファイバー(株)、北越東洋ファイバー(株) 他

世界の加硫繊維市場の最新動向:

  • 2019 年 10 月 23 日:ジンダル ステンレス リミテッドは、ステンレス鋼の道路橋および歩道橋の開発に向けて、ブレイスウェイト & Co リミテッドとの覚書を締結したと発表しました。

  • 2019 年 10 月 2 日: RH Nuttall は、スタッフと顧客のための最新の機械技術への投資を発表しました。さらに同社は、非金属ガスケット業界での地位と評判を維持するために、2台の受注生産型自動走行ヘッドマシンに投資しました。

当社のレポートを購入する主な理由

  • レポートは、各市場セグメントとそのサブセグメントが達成した市場シェアを含む詳細な分析をカバーしています。

  • 成長ドライバー、傾向、潜在的な機会、価格傾向分析、市場の成長に影響を与える課題などの市場ダイナミクスをカバーします。

  • レポートには、市場を支配する主要企業の詳細な企業プロフィールが含まれています。

  • 当社は効果的な調査方法を使用して市場数値を計算し、全体的な成長に対する付加価値のある評価を提供します。

  • 当社は、クライアントの要件に応じてカスタマイズされたレポートを提供し、クライアントが目標を達成するために起こり得る、予期せぬ課題や予期せぬ機会を把握できるように支援します。



.

よくある質問

Please enter your personal details below
*
I want to buy this report
I am willing to know the scope of research
I have customized query over this report
  1. ラミテックス スパ
  2. エムコ・インダストリアル・プラスチックスLLC
  3. スラスト産業
  4. ダイノス社
  5. フランクリンファイバー株式会社
  6. ジンダルステンレスリミテッド
  7. RH ナトール
  8. 株式会社エスペマニュファクチャリング
  9. オーライナーファイバー株式会社
  10. 北越東洋ファイバー株式会社
Please enter your personal details below
*
I want to buy this report
I am willing to know the scope of research
I have customized query over this report

関連レポート

-->