列車制御および管理システム 市場

(電気複数ユニット、地下鉄および高速列車、ディーゼル複数ユニット) 世界シナリオ、
  • 製品コード:
    RP-ID-10325572
  • 発行日:
    27 Dec 2023
  • Pages:
    150
  • カテゴリー:
    Service Industry
  • 出版社:
    Pub-ID-50

市場の成長に対する影響分析

ビジネスを悩ませるインフレと迫りくる不況:

2022 年と 2023 年には、市場関係者は荒波に遭遇すると予想していました。為替換算の大きな差とそれに伴う収益の縮小、利益率の縮小、物流やサプライチェーンに対するコスト圧力により、損失が発生する可能性があります。さらに、米国経済は 2022 年に 3% の成長にとどまると予想されています。

..

..

調査レポートは、2022 年の基準年、2023 年の推定年、および市場洞察を含む 2035 年までの予測で更新されます。


世界生産の落ち込みに伴い、2020 年の GDP は縮小し、世界中の市場に影響を与えました。サンプル リクエストを送信すると、2022 年を基準年、2023 年を推定年とし、2035 年までの予測を含む最新のレポートが届きます。これには、市場推進力、市場の回収率、洞察、競合分析が含まれます。



市場概況:

世界の列車制御管理システム (TCMS) 市場は、2024 年までに 40 億ドルに達すると予測されています。 2016 年から 2024 年にかけて 7.6% の CAGR で成長しています。列車制御システムは、地下鉄と高速列車、ディーゼル複数ユニット、電気複数ユニットで使用され、スタッフ、乗客、資産に安全とセキュリティを提供します。 TCMS システムは、高速鉄道や地下鉄の効率的な運行を実現し、タイムリーで正確な情報をユーザーに提供し、サービス中断時にオペレーターを支援します。これらのシステムはまた、列車の速度を向上させ、短い旅行時間と乗客輸送における優れた快適性の一貫性を向上させます。世界中の政府は、列車制御および管理システム市場の傾向が増加することを示す既存の交通インフラのアップグレードに継続的に焦点を当てています。

安全で快適な交通ソリューションに対する需要の増加、急速な都市化、エネルギー効率の高い鉄道システムに対する需要の高まりが、世界の列車制御および管理システムの主な推進力となっています。ただし、燃料価格の変動と列車制御システムに関連するリスクにより、今後数年間の市場の成長が妨げられる可能性があります。高速地下鉄に対する世界的な需要の高まりは、今後数年間で市場にいくつかの成長機会をもたらすでしょう。

グローバルな列車制御および管理システムは、列車のタイプ、コンポーネント、列車制御ソリューションごとに分割されています。列車の種類ごとに、市場はさらに地下鉄と高速列車、ディーゼル複数ユニット、電気複数ユニットにサブセグメント化されます。市場はコンポーネントごとに、モジュール式入出力デバイス、コンピュータ制御ユニット、モバイル通信ゲートウェイ、およびヒューマンマシンインターフェイスに分割されます。列車制御ソリューションによって、市場は統合列車制御、ポジティブ列車制御、通信ベースの列車制御に分類されます。

地理的に、市場は北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、その他の世界(RoW)に分類されます。米国、メキシコ、カナダは北米に含まれ、ヨーロッパにはドイツ、フランス、英国、イタリアなどが含まれます。アジア太平洋地域には、中国、インド、日本などが含まれます。世界のその他の地域 (RoW) は、南アメリカ、中東、アフリカをカバーします。

世界の列車制御および管理システム市場で活動している主要企業には、ボンバルディア社、三菱電機株式会社、アルストムSA、株式会社東芝、日立製作所、EKE-Electronics、シーメンスAG、ストラクトンレール、タレスグループなどが含まれます。

レポートからの重要なポイントは次のとおりです。
このレポートは、列車の種類、コンポーネント、列車制御ソリューションなどの主要なセグメントに関する列車制御および管理システム市場の詳細な分析を提供します。
レポートには、2015年から2024年の市場推定と2016年から2024年の複合年間成長率(CAGR)を含む定性的および定量的分析が含まれます。
要因や機会を含む市場ダイナミクスの包括的な分析がレポートで提供されます。
列車制御および管理システム市場の徹底的な地域分析がレポートに含まれています
主要な財務、製品とサービス、新開発、ビジネス戦略を含む、列車制御および管理システム市場の主要プレーヤーのプロフィールが提供されます。
列車制御および管理システム市場の範囲
列車種別 区間
電動マルチユニット
地下鉄と高速鉄道
ディーゼル複数ユニット
コンポーネントセグメント
モジュラー入出力デバイス
コンピュータ制御ユニット
ヒューマン・マシン・インターフェース
モバイルコミュニケーションゲートウェイ
列車制御ソリューション事業
通信ベースの列車制御
統合列車制御
ポジティブトレインコントロール
地理的セグメント
北米
私たち
カナダ
メキシコ
ヨーロッパ
ドイツ
フランス
イギリス
スペイン
その他
アジア太平洋地域
中国
インド
日本
韓国
その他

南アメリカ
中東
アフリカ


地理分析:


レポートでは、以下の地域における市場機会、年平均成長率(CAGR)成長率、競争、新技術革新、市場プレーヤー分析、政府ガイドライン、輸出入(EXIM)分析、過去の収益、将来予測などについてさらに説明しています。および/または国:

  • 北米 (米国およびカナダ) 市場規模、Y-O-Y成長、市場プレーヤー分析および(米国およびカナダ)機会の見通し
  • ラテンアメリカ (ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ) 市場規模、前年同期比成長率および市場プレーヤーの分析と分析機会の見通し
  • ヨーロッパ (イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、NORDIC(フィンランド、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク)、アイルランド、スイス、オーストリア、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)市場規模、前年比成長市場プレーヤー分析
  • アジア太平洋地域 (中国、インド、日本、韓国、シンガポール、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋地域) 市場規模、前年同期比成長率および成長率市場プレーヤーの分析と分析機会の見通し
  • 中東とアフリカ  イスラエル、GCC(サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)市場規模、Y-O-Y成長市場プレーヤーの分析と分析。機会の見通し

.

Please enter your personal details below
*
I want to buy this report
I am willing to know the scope of research
I have customized query over this report
0
Please enter your personal details below
*
I want to buy this report
I am willing to know the scope of research
I have customized query over this report

関連レポート

-->