世界の繊維染料 市場

の分析と展望2030
  • 製品コード:
    RP-ID-10352084
  • 発行日:
    27 Dec 2023
  • カテゴリー:
    Chemicals
  • 出版社:
    Pub-ID-54

市場の成長に対する影響分析

ビジネスを悩ませるインフレと迫りくる不況:

2022 年と 2023 年には、市場関係者は荒波に遭遇すると予想していました。為替換算の大きな差とそれに伴う収益の縮小、利益率の縮小、物流やサプライチェーンに対するコスト圧力により、損失が発生する可能性があります。さらに、米国経済は 2022 年に 3% の成長にとどまると予想されています。

..

..

調査レポートは、2022 年の基準年、2023 年の推定年、および市場洞察を含む 2035 年までの予測で更新されます。


世界生産の落ち込みに伴い、2020 年の GDP は縮小し、世界中の市場に影響を与えました。サンプル リクエストを送信すると、2022 年を基準年、2023 年を推定年とし、2035 年までの予測を含む最新のレポートが届きます。これには、市場推進力、市場の回収率、洞察、競合分析が含まれます。



市場概況:

予測期間(2022年から2030年)中の世界の繊維染料市場の年間複合成長率は5%を超えると推定されています。 2020年、市場は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって悪影響を受けるだろう。パンデミックを考慮し、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を遅らせるために政府がロックダウンを行っている間、衣料品の製造活動が一時的に停止され、その結果衣料品の生産が減少した。たとえば、ユーロスタットのデータによると、2021年1月から2020年1月の間に衣料品生産は24.4%減少し、繊維染料の市場需要が減少しました。しかし、現在の状況では、家庭用および医療用繊維の需要が大幅に増加しています。

その理由は、ベッドシーツやパジャマを含む病院用繊維製品の需要が増加し、人々の在宅志向が高まり、市場の需要が刺激されたためです。短期的には、アパレル業界における繊維染料の需要の増加が市場の成長を促進すると予想されます。厳しい環境規制や新型コロナウイルス感染症の影響による不利な状況が成長を妨げると予想される。アジア太平洋地域は世界市場を支配すると予想されています。インドや中国などの国が最も消費量が多いです。繊維の色を合わせて生地に塗布します。

染料には天然染料と合成染料の2種類があります。天然染料は植物、鉱物などに由来します。ただし、合成染料は実験室で調製されます。繊維染料市場は、染料の種類、繊維の種類、用途、地域によって分かれています。着色剤の種類に応じて、市場は活性、分散、直接、IVA、アルカリ、酸性およびその他のタイプの着色剤に分けられます。繊維の種類に応じて、市場はウール、ナイロン、綿、ポリエステル、ビスコース、アクリルおよびその他の種類の繊維に分けられます。用途に基づいて、市場は衣料品、ホームテキスタイル、工業用繊維、その他の用途に分類されます。このレポートでは、主要地域15か国の繊維染料市場の市場規模と予測についても取り上げています。各市場セグメントの市場規模と予測は収益 (数百万ドル) に基づいています。

主な市場動向:
アパレル分野での需要の増加。繊維染料はアパレル業界の着色剤として広く使用されており、予測期間中に市場で最も急成長するセグメントになると予想されています。染料は布地を染めるのに使用されます。染料は特定の波長の光を吸収および反射し、人間の目に色の知覚を与えます。染料は布地に美しさを与えます。インターネットの普及に伴い、消費者は簡単な購入、より良い取引、簡単な返品ポリシーを求めています。オンライン販売の成長がアパレル業界の成長を牽引してきました。今日、衣服は野心、個性、地位の象徴となっています。消費者は、需要ベースの衣料品から、欲望ベースの衣料品へと移行しています。

真空衣類の需要の増加により、繊維染料市場が牽引されると予想されていますが、合成染料は生分解性がなく、製造プロセスで大量の水を必要とするため、環境に有害です。厳しい環境規制が合成染料の製造に影響を与えています。近年、世界のアパレル市場は目まぐるしい速度で成長しています。

主な市場動向:
アパレル分野での需要の増加。繊維染料はアパレル業界の着色剤として広く使用されており、予測期間中に市場で最も急成長するセグメントになると予想されています。染料は布地を染めるのに使用されます。染料は特定の波長の光を吸収および反射し、人間の目に色の知覚を与えます。染料は布地に美しさを与えます。インターネットの普及に伴い、消費者は簡単な購入、より良い取引、簡単な返品ポリシーを求めています。オンライン販売の成長がアパレル業界の成長を牽引してきました。今日、衣服は野心、個性、地位の象徴となっています。消費者は、需要ベースの衣料品から、欲望ベースの衣料品へと移行しています。

真空衣類の需要の増加により、繊維染料市場が牽引されると予想されていますが、合成染料は生分解性がなく、製造プロセスで大量の水を必要とするため、環境に有害です。厳しい環境規制が合成染料の製造に影響を与えています。近年、世界のアパレル市場は目まぐるしい速度で成長しています。


地理分析:


レポートでは、以下の地域における市場機会、年平均成長率(CAGR)成長率、競争、新技術革新、市場プレーヤー分析、政府ガイドライン、輸出入(EXIM)分析、過去の収益、将来予測などについてさらに説明しています。および/または国:

  • 北米 (米国およびカナダ) 市場規模、Y-O-Y成長、市場プレーヤー分析および(米国およびカナダ)機会の見通し
  • ラテンアメリカ (ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ) 市場規模、前年同期比成長率および市場プレーヤーの分析と分析機会の見通し
  • ヨーロッパ (イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、NORDIC(フィンランド、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク)、アイルランド、スイス、オーストリア、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)市場規模、前年比成長市場プレーヤー分析
  • アジア太平洋地域 (中国、インド、日本、韓国、シンガポール、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋地域) 市場規模、前年同期比成長率および成長率市場プレーヤーの分析と分析機会の見通し
  • 中東とアフリカ  イスラエル、GCC(サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)市場規模、Y-O-Y成長市場プレーヤーの分析と分析。機会の見通し

.

Please enter your personal details below
*
I want to buy this report
I am willing to know the scope of research
I have customized query over this report
Please enter your personal details below
*
I want to buy this report
I am willing to know the scope of research
I have customized query over this report

関連レポート

-->