集束イオンビーム(FIB) 市場

(イオンビーム源の種類別:金、ガリウム、イリジウム、その他、アプリケーション別:ナノファブリケーション、サンプル前処理、その他、地理別)世界シナリオ、
  • 製品コード:
    RP-ID-10325576
  • 発行日:
    27 Dec 2023
  • Pages:
    150
  • カテゴリー:
    Service Industry
  • 出版社:
    Pub-ID-50

市場の成長に対する影響分析

ビジネスを悩ませるインフレと迫りくる不況:

2022 年と 2023 年には、市場関係者は荒波に遭遇すると予想していました。為替換算の大きな差とそれに伴う収益の縮小、利益率の縮小、物流やサプライチェーンに対するコスト圧力により、損失が発生する可能性があります。さらに、米国経済は 2022 年に 3% の成長にとどまると予想されています。

..

..

調査レポートは、2022 年の基準年、2023 年の推定年、および市場洞察を含む 2035 年までの予測で更新されます。


世界生産の落ち込みに伴い、2020 年の GDP は縮小し、世界中の市場に影響を与えました。サンプル リクエストを送信すると、2022 年を基準年、2023 年を推定年とし、2035 年までの予測を含む最新のレポートが届きます。これには、市場推進力、市場の回収率、洞察、競合分析が含まれます。



市場概況:

世界の集束イオンビーム (FIB) 市場は、2024 年までに 5 億 3,000 万ドルに達すると予測されています。集束イオン ビームは、2016 年から 2024 年にかけて 6.8% の CAGR で成長しています。集束イオン ビームは、特に半導体や材料科学などの分野で広く使用されています。現在、医学研究室の幅広い用途で一般的に使用されており、生物学分野でも材料の堆積、アブレーション、部位特異的分析などで人気を集めています。

故障解析装置に対する高い需要、イオンビームリソグラフィーの需要の増加、サンプル前処理における集束イオンビームシステムの採用が、世界の集束イオンビーム市場を推進する主な要因です。ただし、集束イオンビームシステムのコストが高いため、今後数年間の市場の成長が妨げられる可能性があります。製品の革新は、今後数年間で市場にいくつかの成長機会をもたらすでしょう。

集中イオンビーム市場は、イオンビーム源とアプリケーションに分類できます。イオンビーム源によって、市場はガリウム、イリジウム、金などに分割されます。アプリケーションによって、市場はさらにナノ加工、サンプル調製などに分割されます。イオンビーム源別に見ると、ガリウムは高解像度、集束イオンビームイメージング、深さプロファイリング、ナノ加工、イオンビーム用の液体イオン源として広範に使用されているため、2016年に市場を独占し、総市場規模の半分以上を占めました。リトグラフ。

地理的には、世界的に注目されているイオンビーム市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、およびRoWに分割されています。米国、メキシコ、カナダは北米に含まれ、ヨーロッパにはドイツ、英国、オランダなどが含まれます。アジア太平洋地域には、中国、インド、日本などが含まれます。世界のその他の地域 (RoW) は、南アメリカ、中東、アフリカをカバーします。

集中イオンビーム市場で事業を展開している主要企業は、Evans Analytical Group、日立ハイテクノロジーズ株式会社、日本電子株式会社、FEI、Carl Zeiss AG、Fibics Incorporated、Thermo Fisher Scientific Inc、TESCAN ORSAY HOLDING as、ZEROK Nanotech、Raith GmbH です。とりわけ。

レポートからの重要なポイントは次のとおりです。
このレポートは、イオンビーム源の種類、アプリケーションなどの主要セグメントに関して集束イオンビーム市場の詳細な分析を提供します。
レポートには、2015年から2024年の市場推定と2016年から2024年の複合年間成長率(CAGR)を含む定性的および定量的分析が含まれます。
要因と機会を含む市場ダイナミクスの包括的な分析が提供されます
集束イオンビーム市場の徹底的な地域分析がレポートに含まれています
主要な財務、製品とサービス、新開発、ビジネス戦略を含む、集束イオンビーム市場の主要プレーヤーのプロフィールが提供されます。
集束イオンビーム市場の範囲
イオン ビーム ソースのタイプ セグメント
ガリウム
イリジウム

その他
アプリケーションセグメント
ナノファブリケーション
サンプルの準備
その他
地理的セグメント
北米
私たち
カナダ
メキシコ
ヨーロッパ
ドイツ
フランス
イギリス
スペイン
その他
アジア太平洋地域
中国
インド
日本
韓国
その他

南アメリカ
中東
アフリカ


地理分析:


レポートでは、以下の地域における市場機会、年平均成長率(CAGR)成長率、競争、新技術革新、市場プレーヤー分析、政府ガイドライン、輸出入(EXIM)分析、過去の収益、将来予測などについてさらに説明しています。および/または国:

  • 北米 (米国およびカナダ) 市場規模、Y-O-Y成長、市場プレーヤー分析および(米国およびカナダ)機会の見通し
  • ラテンアメリカ (ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ) 市場規模、前年同期比成長率および市場プレーヤーの分析と分析機会の見通し
  • ヨーロッパ (イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、NORDIC(フィンランド、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク)、アイルランド、スイス、オーストリア、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)市場規模、前年比成長市場プレーヤー分析
  • アジア太平洋地域 (中国、インド、日本、韓国、シンガポール、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋地域) 市場規模、前年同期比成長率および成長率市場プレーヤーの分析と分析機会の見通し
  • 中東とアフリカ  イスラエル、GCC(サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)市場規模、Y-O-Y成長市場プレーヤーの分析と分析。機会の見通し

.

Please enter your personal details below
*
I want to buy this report
I am willing to know the scope of research
I have customized query over this report

0

Please enter your personal details below
*
I want to buy this report
I am willing to know the scope of research
I have customized query over this report

関連レポート

-->