航空機ギアボックス 市場

の世界的なシナリオ、
  • 製品コード:
    RP-ID-10325332
  • 発行日:
    27 Dec 2023
  • Pages:
    150
  • カテゴリー:
    Aerospace & Defence
  • 出版社:
    Pub-ID-50

市場の成長に対する影響分析

ビジネスを悩ませるインフレと迫りくる不況:

2022 年と 2023 年には、市場関係者は荒波に遭遇すると予想していました。為替換算の大きな差とそれに伴う収益の縮小、利益率の縮小、物流やサプライチェーンに対するコスト圧力により、損失が発生する可能性があります。さらに、米国経済は 2022 年に 3% の成長にとどまると予想されています。

..

..

調査レポートは、2022 年の基準年、2023 年の推定年、および市場洞察を含む 2035 年までの予測で更新されます。


世界生産の落ち込みに伴い、2020 年の GDP は縮小し、世界中の市場に影響を与えました。サンプル リクエストを送信すると、2022 年を基準年、2023 年を推定年とし、2035 年までの予測を含む最新のレポートが届きます。これには、市場推進力、市場の回収率、洞察、競合分析が含まれます。



市場概況:

世界の航空機ギアボックス市場は、2025 年までに 62 億 4,000 万ドルに達すると推定されています。航空機で使用されるさまざまなギアボックス タイプには、アクセサリ ギアボックス (AGB)、減速ギアボックス (RGB)、APU ギアボックス、作動ギアボックス、テール ローター ギアボックス、その他のギアボックス タイプが含まれます。近年、インドや中国などの発展途上国で旅客輸送が増加しています。これにより、航空機の重量を軽減し、エンジン効率を向上させる、軽量で燃料効率の高い航空機エンジンに対する需要が高まりました。これにより、ギアボックスを備えた燃料効率の高い航空機エンジンの進歩が促進され、航空機のギアボックス市場を牽引する可能性があります。純粋な出力のギア付きターボファン(GTF)エンジンの現在の優位性は、予測期間中の世界の航空機ギアボックス市場の成長を推進する重要な要因です。

ピュアパワーギア付きターボファン(GTF)エンジンの既存の優位性と新しい航空機への需要の高まりが、世界の航空機ギアボックス市場の成長の主要な推進要因です。しかし、航空機納入の既存の滞留が航空機ギアボックス市場の成長を制限する可能性があります。さらに、軽量航空機エンジンに対する需要の高まりとギア付きターボファンエンジン分野への高額投資は、この市場の成長に新たな機会をもたらすでしょう。

世界の航空機ギアボックス市場は、ギアボックスのタイプ、フィット感、航空機のタイプ、アプリケーション、および地理に基づいて分類されています。ギアボックスのタイプには、アクセサリ ギアボックス (AGB)、減速ギアボックス (RGB)、APU ギアボックス、作動ギアボックス、テール ローター ギアボックス、およびその他のギアボックス タイプが含まれます。フィットによって、市場はラインフィットとレトロフィットに分類されます。航空機の種類には、民間航空機 (民間旅客機/貨物機、一般航空機、民間ヘリコプター) と軍用機 (輸送空母、戦闘機、軍用ヘリコプター) が含まれます。アプリケーションには、エンジン (ターボシャフト、ターボプロップ、ピストン エンジン、ターボファン) と機体が含まれます。

世界の航空機ギアボックス市場は、地理に基づいて、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、および世界のその他の地域(RoW)に分割されています。北米はさらに米国、カナダ、メキシコに分かれており、欧州セグメントは英国、ロシア、ドイツ、フランス、イタリア、およびその他の欧州で構成されています。アジア太平洋地域はインド、中国、日本、韓国、その他のアジア太平洋地域に分割されており、RoW は南米、中東、アフリカに分かれています。

市場で活動している主要企業は、United Technologies、Aero Gear、Liebherr、Aero Gearbox International、Northstar Aerospace、PBS Velka Bites、SKF、Triumph Group、CEF Industries, LLC、Safran などです。

レポートからの重要なポイントは次のとおりです。
このレポートは、ギアボックスのタイプ、フィット、航空機のタイプ、アプリケーションなどの主要セグメントに関して、世界の航空機ギアボックス市場の詳細な分析を提供します。
レポートには、2016年から2025年までの市場推定と2017年から2025年の複合年間成長率(CAGR)を含む定性的および定量的分析が含まれます。
要因や機会を含む市場ダイナミクスの包括的な分析がレポートで提供されます。
世界の航空機ギアボックス市場の徹底的な地域分析がレポートに含まれています
主要な財務、製品と合成血小板、新開発、ビジネス戦略を含む、世界の航空機ギアボックス市場の主要プレーヤーのプロフィールが提供されます。
世界の航空機ギアボックス市場の範囲:
ギアボックスタイプのセグメント
アクセサリギアボックス (AGB)
減速ギアボックス (RGB)
APU-ギアボックス
作動ギアボックス
テールローターギアボックス
他のタイプのギアボックス
セグメントのフィット
ラインフィット
後付け
航空機の種類のセグメント
民間航空機
民間旅客機/貨物機
一般航空用航空機
民間ヘリコプター
軍用機
輸送業者
戦闘機
軍用ヘリコプター
アプリケーションセグメント
エンジン
ターボシャフト
ターボプロップ
ピストンエンジン
ターボファン
機体
地理的セグメント
北米
私たち
カナダ
メキシコ
ヨーロッパ
イギリス
ロシア
ドイツ
フランス
イタリア
ヨーロッパの残りの部分
アジア太平洋地域
インド
中国
日本
韓国
残りのアジア太平洋地域

南アメリカ
中東
アフリカ


地理分析:


レポートでは、以下の地域における市場機会、年平均成長率(CAGR)成長率、競争、新技術革新、市場プレーヤー分析、政府ガイドライン、輸出入(EXIM)分析、過去の収益、将来予測などについてさらに説明しています。および/または国:

  • 北米 (米国およびカナダ) 市場規模、Y-O-Y成長、市場プレーヤー分析および(米国およびカナダ)機会の見通し
  • ラテンアメリカ (ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ) 市場規模、前年同期比成長率および市場プレーヤーの分析と分析機会の見通し
  • ヨーロッパ (イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、NORDIC(フィンランド、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク)、アイルランド、スイス、オーストリア、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)市場規模、前年比成長市場プレーヤー分析
  • アジア太平洋地域 (中国、インド、日本、韓国、シンガポール、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋地域) 市場規模、前年同期比成長率および成長率市場プレーヤーの分析と分析機会の見通し
  • 中東とアフリカ  イスラエル、GCC(サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)市場規模、Y-O-Y成長市場プレーヤーの分析と分析。機会の見通し

.

Please enter your personal details below
*
I want to buy this report
I am willing to know the scope of research
I have customized query over this report

0

Please enter your personal details below
*
I want to buy this report
I am willing to know the scope of research
I have customized query over this report

関連レポート

-->